HOME 無線用測定器等の校正 製品評価技術基盤機構の認定制度に基づく校正(ASNITE)
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の認定制度(ASNITE)に基づき、周波数標準器の校正を行います。
ASNITE認定制度とは、ISO/IEC17025に基づく校正のうち計量法の範囲外の部分をNITEが独自に認定するものです。認定国際基準(MRA)に対応しています。NICTで行う校正には、特定標準器によるJCSS登録事業者以外への校正(周波数標準器)があります。
校正対象の測定器等
ASNITE認定制度に基づき、特定標準器(国家標準)により周波数標準器の校正を行います。ASNITE認定を受けている対象測定器等を以下に示します。
 測定器等
1周波数標準器(持込み)
2周波数標準器(遠隔)
*チェックシートをご確認ください。
校正範囲と手数料
ASNITE校正の範囲及び手数料を以下に示します。
機器の種別校正項目校正範囲手数料
備 考
(1)周波数標準器(持込み)周波数5MHz又は10MHz時間間隔測定法による高精度測定138,100 
周波数1Hz~100MHz周波数カウンタ測定法による測定138,100 1波あたり(2017年5月現在、受付準備中)
(2)周波数標準器(遠隔)周波数(注1)5MHz又は10MHz 164,700年間手数料
初期検査  60,0001回あたり(旅費等の実費負担有)
初期設置座標測定  66,3001回あたり(旅費等の実費負担有)
出張検査(注2)  55,1001回あたり(旅費等の実費負担有)
(注1) 周波数標準器(遠隔)の場合は、安定度の測定(委託校正)も同時に行います。
(注2) 周波数標準器(遠隔)の出張検査は、当該校正実施機関のみに限り実施可能です。
■書類の再交付手数料        一通につき    1,300円
書類の再交付の必要な方は、再交付申請書に必要事項を記入の上、較正サービス受付まで申請ください。
証明書/校正シール
校正終了後には、校正したことを示す以下の校正証明書および校正シールを交付します。
周波数標準器の較正
▽較正証明書(日本文)

▽較正証明書(英文)

▽較正シール
較正が終了したことを示す較正シールをお貼りいたします。シールには、較正実施年月が表示してあります。