HOME 無線用測定器等の較正 委 託 較 正
国立研究開発法人情報通信研究機構法に基づき、他の法及び制度以外(注)の無線設備(高周波利用設備を含む)の検査等に用いる測定器その他の設備の較正を行います。指定較正機関が用いる測定器その他の設備の較正は、原則、こちらで受け付けます。
(注) : 他の法及び制度以外について
         電波法、計量法、各認定制度で指定、認定されている範囲外の較正行う場合、委託較正としてお引き受けいたします。
(注) : 委託較正を示す専用のロゴはございません。
較正対象の測定器等
委託較正の対象機器を以下に示します。
 測定器等
1周波数標準器(持込み)
2周波数標準器(遠隔)
3周波数計
4高周波電力計
5高周波減衰器
6標準電圧電流発生器
7電圧電流計
8アンテナ
9比吸収率測定装置
*チェックシートをご確認ください。
較正範囲と手数料
委託較正の範囲及び手数料を以下に示します。
測定器等 較正項目 較正範囲 手数料
周波数範囲 その他 備考
(1)
周波数標準器(持込み)
周波数 1,5,
10MHzの
うち1波
24時間、
時間間隔測定法による高精度測定
138,100  
周波数 1Hz~
100MHz
24時間、
周波数カウンタ測定法による測定
138,100 1波あたり
短期安定度 1,5,
10MHzの
うち1波
1s,3s,10s,
100s
93,100  
再現性 48時間 93,100  
(2)
周波数標準器(遠隔)
周波数・安定度 1,5,
10MHzの
うち1波
  164,700 年間手数料
初期検査     60,000 1回あたり
(旅費等の実費負担有)
初期設置座標測定     66,300 1回あたり
(旅費等の実費負担有)
出張検査
(注)周波数標準器(遠隔)の出張検査は、当該較正実施機関のみに限り実施可能です。
    55,100 1回あたり
(旅費等の実費負担有)
(3)
周波数計
周波数 10, 100MHz   54,100  
(4)
高周波電力計
電力 0.1, 0.3, 0.5, 1, 2, 3, 5MHz 0dBm
50ΩType-N50同軸
89,400  
0.1, 0.3, 0.5, 1, 2, 3, 5MHz +40dBm
50ΩType-N50同軸
91,300  
50MHz, 1, 10, 18, 26.5, 50GHz 0dBm
50Ω2.4mm同軸
84,000 (基本手数料)
6較正点を含む
2, 5, 6, 15, 20, 25, 30, 33, 35, 40, 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47 , 48, 49GHz 3,900×N (追加手数料)
N:較正点数
50, 55, 60, 65, 70, 75GHz 0dBm
WR-15 導波管
97,000  
75, 80, 85, 90, 95, 100, 105, 110GHz -10dBm
WR-10 導波管
110,000  
110, 120, 130, 140, 150, 160, 170GHz -10dBm
WR-6.5 導波管
161,000+
5,800×N
N:較正点数
220, 230, 240, 250, 260, 270, 280, 290, 300, 310, 320, 330GHz -10dBm
WR-3.4 導波管
186,700+
5,800×N
N:較正点数
電力 0.1, 0.3, 0.5, 1, 2, 3, 5MHz 0dBm
75Ω Type-N75同軸
88,600  
0.01, 0.015, 0.02, 0.025, 0.03, 0.04, 0.05, 0.06, 0.07, 0.08, 0.09, 0.1, 0.15, 0.2, 0.25, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 0.9, 1.0, 1.2, 1.4, 1.5, 1.6, 1.8, 2.0GHz 0dBm
75Ω Type-N75同軸
61,900+
3,900×N
N:較正点数
0.001, 0.002, 0.003, 0.005, 0.01, 0.015, 0.02, 0.025, 0.03, 0.04, 0.05, 0.06, 0.07, 0.08, 0.09, 0.1, 0.15, 0.2, 0.25, 0.3, 0.4, 0.5, 0.6, 0.7, 0.8, 0.9, 1.0GHz +40dBm
75Ω Type-N75同軸
64,000+
3,900×N
N:較正点数
(5)
高周波減衰器
減衰量 18, 26.5, 33, 40GHz 10, 20, 30, 40, 50, 60dB 84,000+
3,900×N
N:較正点数
50, 60, 75GHz 10, 20, 30, 40, 50, 60dB 145,800+
5,800×N
N:較正点数
(6)
標準電圧電流発生器
直流電圧 DC 1, 10, 100V 118,200+
3,900×N
N:較正点数
直流電流 10, 100mA, 1, 10A
交流電圧 50, 60, 200, 400Hz, 1, 3, 5, 10kHz 1, 10, 100V
交流電流 10, 100mA, 1, 10A
(7)
電圧電流計
直流電圧 DC 1、10、100V 118,200+
3,900×N
N:較正点数
直流電流 10、100mA
交流電圧 50, 60, 400Hz 1, 10, 100V
交流電流 10, 100mA
(8)
アンテナ
アンテナ係数 30MHz~1GHz ダイポールアンテナ 108,000+
3,900×N
N:較正点数
25MHz~300MHz
5MHzごと56波
バイコニカルアンテナ 110,400  
アンテナ利得 1GHz~18GHz 標準ゲインホーンアンテナ 160,200+
11,700×M
M:較正に用いる標準ホーンアンテナの数
18GHz~40GHz 352,000+
11,700×M
M:較正に用いる標準ホーンアンテナの数
1GHz~18GHz
0.05GHzごと341波
DRGA 160,200  
(9)
比吸収率測定装置
電界強度 733MHz,
835MHz,
900MHz,
1.45GHz,
1.624GHz,
1.7675GHz,
1.95GHz,
2.018GHz,
2.45GHz,
3.5GHz
0.02~100W/kg 106,200+
42,900×N
N:較正点数
■書類の再交付手数料        一通につき    1,300円
書類の再交付の必要な方は、再交付申請書に必要事項を記入の上、計測サービス受付まで申請ください。
■手数料の計算例
 
<高周波電力計(50Ω 2.4mm同軸)の例>
Q:較正点数が 50MHz, 1, 10, 18, 26.5, 30, 40,50GHzの場合
A:50MHz, 1, 10, 18, 26.5, 50GHzは基本手数料に含まれていますので追加較正点は2点(30, 40GHz)となります。
   較正手数料  =  基本手数料 + 3,900 × 較正点数
                  =  84,000 + 3,900 × 2
                  =  91,800円
 
<ダイポールアンテナの例>
Q:較正点数が 300,500,800,900,1,000MHzの5点の場合
A:較正手数料  =  基本手数料 + 3,900 × 較正点数
                  =  108,000 + 3,900 × 5
                  =  127,500円
成績書/較正シール
較正終了後には、較正したことを示す以下の較正成績書および較正シールを交付します。
▽較正成績書

▽較正シール
較正が終了したことを示す較正シールをお貼りいたします。シールには、較正実施年月が表示してあります。